2018-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

一昨日と昨日の総菜と雑談

 スーパーで国産鶏腿のひき肉が半額になっていましたので、迷うことなく買って来ました。
 全部で税込み222円です。
 半分までは使いませんでしたが一昨日は鍋にして食べました。

       鶏だんご鍋

 具は鶏肉団子に白菜、椎茸と春菊ですね。団子には刻み生姜・刻み葱・刻み大葉
 団子は酒・鶏卵1個・片栗粉・ヒシオで纏めました。
 出汁は何時もの通り。味は醤油。

 昨夜は残りを全部焼いて食べました。

       鶏だんごの残り

 こう言うのって何となく良い気分です。毎日こうは行きません。

 今日は「米食の日」だそうです。米の消費を促すことのようですね。毎月18日が米食の日だそうです。

 今でこそお米が美味しいの、不味いのって言っていますが、私が十代の頃は、白米を食べられれば嬉しかったものです。
 夫と良く話すのですが、戦中戦後の食糧難時代の食事のことですね。
 国は配給制度を設けて、米作農家以外の者には決められたお米を配給していたのです。
 配給と言うとタダですかと聞かれますが、有料ですよ。
 お米屋は統合されて、買うのには其処に買いに行きます。私の田舎では町に一か所でした。
 各家庭に米穀通帳と言う物が渡されております。そこに家族の内容が記載されています。
 その通帳がないとお米は買えません。
 東京では昭和19年には配給のお米が減らされていたそうです。
 最初の基準は一人一日3合だったと思いますよ。
 夫の話によれば、それが減らされて行ったようです。姑は闇米を買うために杉並から田無の方まで買いに行ったそうです。
 育ち盛りの子どものいる家では足し米の代わりにさつま芋などを買いに行くのも普通でしたね。

 戦後は酷かったですね。戦争に負けたので、戦地から軍人が帰国。また国外から帰国して来た所謂引揚者もいますからね。
 人口が増えたのですが、食料が足りません。
 一部の農家の人を除き、多くの国民は右往左往駆け回り、食料確保のために一所懸命に過ごしていたのです。
 雑炊やお粥は普通です。それも雑穀は勿論、食べられるのは何でも入れると言った粗末な物ですよ。
 都内の盛り場では雑炊食堂があったのです。
 また都内の焼野原では至るところでさつま芋や南瓜などが植えられていました。
 議事堂前で植えられている風景の写真もありますよ。お偉い先生方はご存知かしら。
 若い方には想像も付かない風景でしょう。

 あの時代のことを思いますと、国の舵取りが如何に重要なことかと考えますよ。

entry_header

COMMENT

こんばんわ。
初めまして。

私も、(昭和45年)に、親から米穀通帳を貰って嫁いできました。
お米の配達も(取る区域の店)が決まっていましたね。
実家の近くのお店のお米は(まじりっけ無し)で美味しかったですが、嫁ぎ先の米屋さんは美味しくなかったです。

こんな話、、、今の(お米はスーパー)の時代には不思議な話でしょうね。

そうでしたか

アイハートさん ようこそ
お米はその頃は美味しい白米だったのですね。

昭和22年ころは満足に買うことが出来ませんでしたよ。
お米の代わりに砂糖が配給になったりしましてね。
私が大学の寮にいた時はさつま芋がお米の代わりに配給で来ましたよ。

私は全然その経験がないですね
それでも小学校の修学旅行東京だったんですが
お米何合って持って行ったような気がするな
江の島の橋の近所の旅館と都内は何処で泊ったかは
覚えていないんですよ
都内は上野動物園と羽田空港・東京タワ-は行ったような気がするんですよ

そうでしょうね

EGUTI YOUSUKE さん 今晩は
お若いですもの。修学旅行もお米持参の時代がありましたね。
EGUTIさんの頃はもうそんな畑はなかったと思いますよ。

こんばんは☆

鶏団子にもヒシオですかー✨
スープにいい味が出たでしょうねー(*´▽`*)

お米の話ですが、こぶたは白米よりちょっと玄米がついた○分磨きや、麦飯や雑穀米が好きなのですが、ここのおばあちゃんもそうですがご高齢の方は、白米を好まれる気がします。
もしかしたら昔は白米があまり食べられなかったからなのかもしれないなーと今思いました。

噛む力

こぶたさん  お早うございます
ヒシオはとても良い調味料だと思います。

高齢者は噛む力が衰えて来ますから、雑穀などは食べ難いと思いますよ。

昭和28年生まれなので私も米穀通帳を覚えています。昔は、米屋さんは地域で力をもっていましたね。いまはむかしですけど。
コメはいまでもうちの主食です。色んな種類の米を使っております。パンの方が独り暮らしの老人には楽なので、父も一度パンに浮気をしましたが最期はごはんに戻っておりました。

覚えていらっしゃるとは

kincyan さん お早うございます
そうですか。驚きました。
ご飯は日本料理に合いますから、私には楽なんです。
お米は多少拘りがあります。

合格祝いのコメントありがとうございます。昨年の暮れから始まった入学試験。初めはどうなることかと思いましたが終わり良ければすべて良しです。ビリギャル並みの孫の頑張りには、私も励まされました。

子供の頃、冷たくなったご飯を蒸し器で温めて食べていたことがあります。
とても嫌な臭いがして辛かったのを覚えています。
芋や大根などは入っていませんでした。まだ良い方だったのかもしれませんね

良かったですね

よたろう さん こんにちは!
何処の家でも嬉しいものですよ。
よたろうさんも頑張って下さい。

今なら電子レンジ

ofujisanさん こんにちは!
冷たいご飯を蒸すって、どこの家でもやっていたと思います。
今はレンジでチンですからね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3463-9ca3e9af

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog