FC2ブログ

2018-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

そら豆と雑談

 我が家での通称 池田農園から初物のそら豆が届きました。今年は作柄が良くないのではと思っていましたが、やわらかな粒で美味しく頂きました。
 未だ大きく成長してはいないようです。これから大きくなって行くのでしょう。
 
 何種類か混在しているようで、莢の大きさが違っていました。
 大きさに関係なく莢から取り出し、粒を大・小に分けて、大は茹でて食べました。

             そら豆茹で

 小は皮を剥き、鶏ムネと新生姜を合わせて炊き込みにしました。
 出汁の量や、調味料は何時もの通り。但し今回は鶏胸のコマ切れに定量の醤油の一部を使い、事前に鶏肉に味を付けて置きました。

             そら豆ご飯1

 炊き上がりましたので、良く混ぜてお茶碗によそいます。

     そら豆ご飯2   そら豆ご飯3

 味は定量のものですから、先ず失敗はないですね。混ぜるのが少し難しくなって来ました。
 力がないのです。底まで杓文字を押すのに手首が上手く動きません。ですから満遍なく具が混ざっておりません。
 ま 良いか!

 今日の昼 朝見ていたYahoo!の姿がデスクトップから消えているのです。
 びっくりして大慌て。助っ人さんにLINEで連絡をしました。夕方には時間が取れますからと返事を頂きました。
 それから落ち着いてゴミ箱を見ました。最初に見たときになかったと思った其処にあるのです。元に戻して胸を撫でおろしました。
 ただどう考えてもどうしてゴミ箱に入って仕舞ったのかが分かりません。

entry_header

COMMENT

こんばんは(´▽`)

それだけの粒がありますから、そら豆だいぶむきましたね~!!
そら豆も大好きですが、タケノコ同様まだ今年(家では)食べてません(/ω\)

そら豆の炊き込みご飯いいですね♪
新生姜たっぷりで、鶏むね肉ですからアッサリしているんでしょうね(*^-^*)

私もよくやりますよ
ゴミ箱ならまだいいですよ、資料を保存するのに他の所に入れてしまって探すに大変でしたよ

剥くのも楽しい

こぶたさん  お早うございます
ハイ 剥きながらお喋りも出来ますからね。

昔は剥かないで入れたこともありましたがね。もう剥かないと駄目です。
味は優しい感じでしたね。

あなたでも?

EGUTI YOUSUKE さん お早うございます
ビックリしましたよ。空にしなくて良かったです。
齢を感じましたね。

つやつやしていかにもおいしそうです。
そちらはもう春たけなわと言う感じですね。こちらにも春は着ていますが、そこここに雪が残っています、「もうすぐ春」です。

助っ人さんとのご縁が続いていてよかったですね。離れてしまっても心強いでしょ?

良かったです

ofujisanさん こんにちは!
これは義弟と妹で作ったものです。柔らくて美味しかったですよ。
助っ人さんが来て下さる予定でしたが、戻ったので報告しました。良く出来ましたよと、褒めて頂きました。とても心強いですね。

こんばんは。

もう蚕豆が出ているのですね。

畑でイヤというほど採れたのが夢のようです。
季節物を買わなければならなくなったのが、癪ですが、
仕方ないです。

そうですね

NANTEI さん 今晩は
お察し致します。長く植えていらっしゃいましたものね。
おにぎりと茹で卵のあのテーブルを思い出します。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3514-d574ed24

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog