FC2ブログ

2021-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

そら豆のこと

 すぐ下の妹からそら豆が届きました。
 娘たちにも連絡して持って行って貰いました。
 先の池田農園の走りの物と比べ実も大きくなっています。
 莢のまま焼き食べると言うことも良く聞きます。焼いて見ようかなと思うこともありますが、量が多いので毎年茹でています。

       そら豆茹で

 今年も茹でました。塩味ですが塩の量はいい加減です。茹で上がたそら豆を笊に取りお湯を切ります。
 それを鍋に戻し、塩を振りかけ鍋を振り煽ります。

 目の前にあるとつい食べ過ぎますから、気を付けています。
 この季節筍とそら豆でお腹にガスが溜まり困ります。「今のは?」「何でしょう?」なんて澄ましています。

 子ども頃 田舎ではそら豆の干した物を炒って食べたものです。それがどう言う訳か虫が入っていることが良くありました。
 虫と言いましても豆の中で乾燥しているのです。少し茶色なんですね。
 当時は農薬の散布があまりされてなっかったからかも知れません。

 夫も佐賀県に疎開していたのでそこでそら豆の炒ったのを食べたそうです。矢張り虫が入っていたと話しております。
 夫の場合は有明海の側を開墾して作ったと言うのです。
 中学1年生の頃ですね。
 戦中戦後の苦労話は良く合います。
 
entry_header

COMMENT

干した空豆を炒って食べるって知らなかったですよ
大豆の炒ったのなら節分豆で食べましたが同じような
味なんですかね
鞘のまま塩掛けて焼いて食べるのも私好きなんですよ

産地だから

EGUTI YOUSUKE さん 今晩は
ハイ この豆は多分そら豆の産地だからだと思います。決して美味しいとは言えませんよ。大豆の方が美味しいと思います。
そら豆の莢に塩を掛けるって知りませんでした。

茹でたそら豆をザルにあけ、塩をして湯気を飛ばす。
ここまではするのですが、もう一度乾煎りするんですね。

これは興味あります。こんど試してみますね。v-410

チョッと煽る

いその爺 さん  今晩は
乾炒りと言う程ではありません。熱い鍋の中で煽ると言うだけです。
いそ野爺さんの湯気を飛ばすと言うのと同じだと思いますl。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3527-609a77a8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog