FC2ブログ

2021-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

懐かしい学校 その6

 私が戦時中通っていた中国青島第一日本小学校の教育レベルが高かったと言うことはその5で触れていますが、実際にこの小学校で行われていたことに気づいたのは、転入して直ぐの運動会の時でした。

 運動会では当時の日本の小学校では競技に勝つとノート等が貰えました。
 それが青島の第一では入賞者へは胸に付けるリボンでした。
 一等は赤色 二等は青色 三等は黄色です。生徒はそのリボンを運動会後一週間胸に付けて登校出来ました。
 勉強嫌いのがき大将の〇〇君の姿を見て感心したものでした。
 運動会が終わると生徒は教室で全員ノートを頂きました。

    青島昭和14年運動会  第一運動会

 生徒はグランドで競技をしていますが、家族はスタンドで応援しています。
 昼食は生徒は教室で普通のお弁当を食べます。私の田舎の学校では親の席に行き家族一緒に食べたのです。

 何か違うのですね。生徒に誇りを持たせ啓発をしたのでしょうか。

 授業のことですが、私にとって特に強く印象に残っており、そして今も我ながら良く覚えられたものだと思うことは5年生の時の地理の授業のことです。
 先生は赤崎畩吉先生です。鹿児島出身の赤崎先生は日本の地理を教えるのに、生徒が白地図を書くことから始めました。 当時白地図は文具店でも売られていませんでした。
 本州の北から書き始めます。最初は地図の上に薄い紙を置き、それをなぞって書き写したのです。 
 それを何回も書くうちに下敷きの地図を使わなくても書けるようになりました。 
 これは今も役に立っております。何かを説明する時に直ぐ書けるのです。
 その白地図に様々なことを書き込みます。
 それと先生は黒板に世界地図を手書きで一気に書きます。

             地図

 これは今日私が書いたのですが、先生はこの地図を差して世界のことを教えて下さいました。
 日本に帰国し、女学校に入ってから地理の問題では私は先生に驚かれました。
 女学校で習う世界の気候など既に教えて頂いていたのです。

 赤崎先生は私の帰国に反対されたのです。何故先生が反対なさったかは帰国して私は分かったのです。

entry_header

COMMENT

其の6を読んで

青島での思い出、あい子さんにとって多く、忘れ難いものとなっているようですね。青島生まれの私にとってはなおさらです。よかった時代に生れた者として大事にしています。

アジアの先駆者たれってのが有ったんかな
相子さんの頃の日本の立場と現在日本の置かれている立場非常にある意味似たような感じが有りますよ
中国覇権主義に対するアジアの立場その中でも日本の立場非常に重要で難しいものになりつつありますね
この現在を審議もしない国会議員には呆れるばかりですよ

そうです

桜島さん こんにちは!
仰る通り、私の心の中にはあの頃のことが一杯詰まっております。
桜島さんにとっては尚更のことでしょうね。

位置から言っても大事です

EGUTI YOUSUKE さん こんにちは!
時代は変わっていますが、日本はどうすれば良いのか。真剣に向かわなければなりませんね。
国会は正常でなければなりません。
国民も国際情勢を知らなければなりませんね。

記憶が曖昧…。

懐かしい学校も「その6」になると「?」が。
あい子さんは何年まで第一小学校にいましたか?間も無く帰国されたと思っていました。小5の時ももいたのですか。赤崎先生も私は憶えておりません。

5年の秋までました

いさむちゃん こんにちは!
いさむちゃんが思っていたのは多分同じクラスの3年生までだからでしょう。
4年生には男女別になりましたからね。
赤崎先生は女子のクラス担任だったのです。だからご存知ないのだと思います。

運動会のあと、全員がノートをいただくというのがいいですね。
皆が頑張ったのですもの。公平な気がしてうれしくなりました。
今の日本も考え合わせていろいろ考えてしまいます。日本はとても良い国と思っていましたので。

環境も良かったと思います

ofujisan さん こんにちは!
先生方は日本の当時の教育環境より、少しでも良い方向を探っていたような気がします。
最近日本社会は歪が増えているとしか思えません。
格差や差別が広がっているように見えてなりません。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3538-322474c9

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog