FC2ブログ

2021-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

しのべ竹と雑談

 妹が一昨日の夕方 しのべ竹を沢山持って来て呉れました。
 羊会の懇親会に出ていた時、連絡があり、私もその頃には家に戻っているからと、返事をして置きました。
 妹の家ではこれから梅もぎで忙しくなるそうです。毎年のことですが、頂くと嬉しいものですね。
 パソコンのことで、気がせき落ち着かない時間が過ぎて行きました。
 折角少しでも早くと持って来て呉れたのに、ぐずぐずしていて調理するのが遅くなって仕舞ったのです。
 皮を剥いたしのべは小さい物と大きい物とに分けられていました。
 そこで小さい方はメンマ風に炒め煮にしました。
 大きい方は切り分け茹でて冷凍にしました。

      しのべ2  しのべ1

 しのべ竹は独特な苦みと歯ごたえがありますが、季節には食べたくなります。

 一昨日の東京行きの所為か、右大腿部から脛へと筋肉が張っているようで、動くにも痛みを感じ、ぎこちなく動いていました。
 日中雨量が多かったかしら、どうも痛むのですね。
 そこでマッサージと鍼灸をして頂きに行きました。
 毎回同じ説明になりますが、先生は千葉県鴨川の方です。
 他の患者さんがいない時には治療を受けながら雑談もします。
 「吉野家の牛丼は食べたことがなかったのですか」ブログを読まれているのですね。
 「そうなんです」 「吉野家以外では食べたことはあるのですか」 
 「いいえ。牛丼は食べたことがないのですよ」 そう牛丼は先だってのが初めてなんですね。

 昔学食で肉丼と言うのがありました。多分昭和25年位からあったのではと思いますね。
 ようやくお米が出回るようになった頃ですね。学食のカツカレーと言うのもありましたが、カツカレーは食べたことがなかったですね。
 肉丼ですが、細切れのような肉は豚でもないし、ましてや牛ではないですね。何だか決めつけられないのです。夫は馬肉ではと言っております。
 肉とじゃが芋を醤油味で纏め、餡かけのようにして、丼に入れてあるのですね。多分50円位ではなかったかと思います。
 
 この妹が青島病院で生まれた日。母の妹が私たちの面倒を見ておりました。その日の夕食はすき焼きでした。
 何故覚えているかと言いますと、食べようとした時停電になったのです。若い20代の叔母は灯りをどうするか分からず、仕方なく暗闇の中で鍋から取って食べたのです。

entry_header

COMMENT

しのべ竹って知らないのですよ
この辺にはないな しの竹ってのならあるんですよ
篠笛作る竹ですがね 細いので紙鉄砲子供の頃作っていましたよ 

そうそう337拍子って明治大学で作られたもんだって
先ほどtvでやっていましたよこれも知らなかったですよ

同じかしら

EGUTI YOUSUKE さん 今晩は
しのべ竹は矢竹のことだそうですが、しの竹と何か似ている感じですね。

337の拍子ですか。初めて聞きました。知らなかったですね。

駿河台にもありました

相子さん、お久しぶりです。牛丼の店は駿河台にもありました。天ぷらととんかつで有名な「いもや」です。今は牛丼の店はありませんが、私の学生時代には女優の小林千登勢さん似のおかみがいました。一杯200円でした。ところで、三三七拍子は明治大学応援団初代団長の相馬基先輩が考案したもので、現在も「嵐の拍手」として残っています。

そうですか

寺門孝彦さん お早うございます
牛丼は私が現役の頃は未だ出ていませんでした。
いもやは天ぷらは食べに行きましたよ。
337のことは知りませんでした。

しのべ竹は、昨年送っていただきましたね。
根曲がり竹と似てはいますが味は微妙に違っていました。
筍は冷凍はダメと聞いていましたが大丈夫なのですね。

似てはいますがね

ofujisan さん こんにちは!
根曲がり竹の方が癖がないですね。
冷凍は初めてやって見ました。

おはようございます(*^_^*)

しのべ竹とははちくと同じ物でしょうか?
はちくはこの辺りのスーパーではあまり見かけないので、以前に2度ほどしか調理した事がありません。

その時は煮物にしたのですが、繊維が硬くてあまり美味しいと感じなかったんです。
でもメンマ風は良さそうですね♪
今度手に入ったら是非メンマに挑戦したいです(*^▽^*)

違うのですね

こぶたさん お早うございます
淡竹ではないのです。淡竹の方が癖がなく食べ易いですよ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3579-84421fc0

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog