FC2ブログ

2020-02

« 1234567891011121314151617181920212223242526272829»
entry_header

烏賊の塩辛

 気温が漸く下がって参りました。今年は秋刀魚が豊漁だそうで、未だに獲れていると先頃報じられておりました。
 立冬も過ぎますと秋刀魚の卯の花漬けもお仕舞いにし、烏賊の塩辛を作りたくなります。今年も夜なべ仕事に始めました。
 なぜ烏賊の塩辛はするめ烏賊を使うのかということを偶然雄鶏社の本を読み知りました。塩辛は腸が大きいことが大事で、それにはするめ烏賊の腸が一番だそうです。
 
            烏賊の塩辛


我が家の塩辛
材料      低温乾燥の糀  100g
        するめ烏賊(大)  5杯
        塩       70~100g
        味醂       60cc
作り方   
1 糀を良く揉み解し、炊飯器に入れられる容器に入れます。
2 味醂に同量のお湯を合わせ糀にかけます。
3 炊飯器に器ごといれて保温にセット約2時間置き、糀が戻っていましたらそのまま冷まします。
       
         烏賊の塩辛

4 烏賊の腸を抜き墨袋を取り、腸と足の部分を切り離します。
5 烏賊の皮を剥き、細く切ります。エンペラも足も食べ易い大きさに切ります。
6 烏賊に塩を良く混ぜ、その中に腸の皮を破らないように気をつけ埋め込みます。
7 一晩(12時間)置いた烏賊の水を切り、腸をしごき、烏賊と良く混ぜます。
8 烏賊と糀を混ぜ合わせ、温度の低い所に保存し、毎日一回かき混ぜます。
9 出来上がったら冷蔵庫で保管します。      

         烏賊の塩辛

 
 塩の分量は好みによります。薄塩ですと塩のなれが早くじきに食べられますが保存は長くは出来ません。塩分を多くすると塩のなれる時間が掛かりますが、長く保存が出来ます。長く保存をすると味が落ち、烏賊の身も痩せるようです。美味しく食べるには薄塩にし早く食べるようにするのが宜しいようです。

        烏賊の塩辛

           (使っている糀)


人気blogランキングに参加しております。ここをポチッと押してください。


entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/414-e7102c68

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog