FC2ブログ

2020-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

八甲田ホテル

 10月20日の昼。クラブツーリズムツアーに参加した一行は八甲田ホテルで昼食を摂りました。
 重厚な洋風木造の建物は十和田八幡平国立自然公園北部に位置し、八甲田大岳を目の前に望むことが出来ます。

             八甲田ホテル

             八甲田ホテル

 この建物の中に入って行き私は驚きました。このホテルが名高いリゾートホテルと言うこと以外には何も知りませんでした。
 棟方志功さんの大きな画が何枚も掛けられております。興奮しましたね。
 半年ほど前。親しい方が志功さんと血縁が濃く、彼女が志功さんの所に遊びに行かれた時、帰り際にさらさらと描いて下さったという画を見せて頂いたからです。
 この版画を写して帰り、彼女に見せたくホテルの方に話し何枚も写しました。

              八甲田ホテル

              八甲田ホテル

 壁に掛けられた写真にはくつろぐ志功さんの姿も見られます。

              八甲田ホテル

 ホテルのダイニングは落ち着いており、カレーも何となく高級に見えます。ご飯が多く私は食べ切れませんでした。食後のコーヒーは濃く、昔良く行った専門店を思い出す美味しい味でした。
 ホテルの玄関横に菰を掛けられた物が横たわっておりました。出発前、ホテルの男性が菰を一部取り払い見せて下さいました。其処には見事なナメコが見えます。一粒が5円玉くらいもあるような、つややかなナメコです。このような立派なナメコは初めて見ました。
 
             八甲田ホテル

 食いしん坊の私はこれはどういう方が食べるのか、食べる人が羨ましく思いながらバスに乗り込みました。
entry_header

COMMENT

ホテルで予想外に「わだばゴッホになる」の棟方志功さんの作品に会えてよかったですね。無名の頃、地元の新聞に描いた挿絵が、使用後に襖や屏風の破れを塞ぐために貼り付けてあったそうです。やがてそれらに高値が付けられました。度の強い眼鏡をかけた笑顔が懐かしいです。

橋本さま  昨夜掲載した時から何だか宗像がおかしく落ち着かないナーと自分でも思っていました。有難う。早速訂正しました。棟方志功夫人の手腕は有名ですね。芸術家は側に意思の強い方がいることで作品に打ち込めますからね。

[コメント編集]

棟方志功さんゆかりの書画、写真など展示されている八甲田ホテル素晴らしいホテルでしたね。何時だったかテレビのお宝拝見で棟方志功さんの絵が出品され、本物だという事で素晴らしい値がついて驚いたことがありました。暖かい絵を描かれた人ですね。

西村さま 外の方は見ていないようでしたが、あの力強い画を見ましたので、旅の価値が上がりました。本当に良かったです。
あの画を紹介したく、八甲田ホテルで一頁を使いました。

夕方棟方志功さんの姪に当る知人の方に、偶然お会いしました。カメラを持っていましたので、お見せしました。八甲田ホテルのことはよくご存知でしたが、写真は懐かしいととても喜んで頂きました。この頁をプリントして差し上げることにしました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/605-153ee1f8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog