中村八大さんを偲び

8 0
 昨夜NHKBSは午後7時30分から「昭和の歌人」という番組を午後9時近くまで放映しました。
 取り上げられたのは中村八大さんです。
 内容は八大さんの日本の音楽界への貢献と、その作った歌曲を中心に進められました。
 我が家で何時も話題になることと一つは作曲したレパートリーの広さです。今回この中で歌われた曲を聴きまして、一層それを感じたことでした。
 「こんにちは赤ちゃん」は皆さまご存じの通り永六輔さんが八大さんに送った詩に八大さんが曲を付けたものです。その赤ちゃんも出演し九重佑三子さんと並んでいます。
 ご覧になった方も沢山いられたことと思います。NHKと八大さんとの付き合いは長いのですね。多くの方の言葉に八大さんの人柄を偲び、あの優しさにどなたにも分かって頂いていたと嬉しく思っております。
 
 青島での八大さんはガキ大将とは程遠く、見るからにひ弱な男の子でした。
 お父様は小学校の校長先生でしたが、作詞、作曲もされる方で、恐らく八大さんの才能を最初に認めたのはお父様だと思います。小学校の時に日本に一人で音楽留学に行かせたと言うこと、作曲の勉強を既に小学生の頃に学ばせたと言うこと。
 もろもろのことから環境に恵まれ才能を発揮されたのですね。久留米出身八大さんは早稲田大学に入学後、石井好子さんのお父様の家に寄宿されたそうです。ある日好子さんが自分のピアノを誰かが弾いていることに気がつき、見に行きましたら、それは八大さんの弾く音だったそうです。初めは「失礼な」と思われたそうですが素晴らしい才能に感動しその後は自由に弾いても構わないと言って上げたそうです。
 
 昨日流れた映像を何枚か掲載致します。海外に住む小学校の仲間の目に触れれば嬉しいなーと思っております。

        八大さん1

        八大さん2

        八大さん3

        八大さん4

        八大さん5

        八大さん6

 多くの方にさまざまな角度から語られている八大さん。私たちの青島羊会の仲間にとっては特別な思いと親近感があります。男性は八大とかはっちゃん、また八などと呼びます。女性は八大さんかはっちゃんですね。
 私の心に残る八大さんの言葉は日経の「あの時の一言」の中で八大さんは「愚痴を言わない」と誓ったと書いております。素晴らしい覚悟だと良く思い出します。

        青島歌集ラベル

 上のラベルは私たち仲間のために作ったカセットテープのものです。全曲八大さんがピアノを弾いて下さいました。
ページトップ