2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

クコのこと

 南房総の地は冬でも温かく、特に房総半島の先端辺りは無霜地帯と呼ばれています。
 冬でも滅多に霜が降りません。雪でも降ろうものなら大変です。寒い寒いの連発です。
 父から「冬暖かったら大変」だと叱られたものです。
 女学生の頃、春になりますと、クコを摘みに行きました。
 クコの生えている所は良く分かっております。
 毎年同じところに生えているのです。クコの株は少しづつ育ち、大きな株になって来ます。
 
 若い葉は摘んで茹でてお浸しで食べたり、時々は胡麻和えで食べたものです。
 梅雨になりますと、株の根元からアスパラの細い物のような真直ぐな瑞々しい茎の新芽が出て来ます。
 その茎の太い物は美味しくて、クコ摘みは梅雨時の楽しい時間でした。人より早く摘みに行かねばなりません。
 子どもなりの判断をし摘みに行ったものですよ。
 楽しいと言いましても、そのもとにあるのは食料確保です。食べられる物は何でもと言う時代でした。
 日本に帰って来てからは、山に桑の実を摘みに行きましたよ。
 口元が紫になってね。
 ブラウスのポケットにそのまま入れてね。すっかり汚して仕舞ったこともありました。
 何も味のしないツバナを土手で引っ張り、食べたりもしました。そうそうスカンポも食べましたね。
 クコの外に田ぜりを摘みにも行きましたね。

 最近はクコの芽は摘めませんが、クコの実はネットで買って食べています。
 いろいろな物にチョッと載せたり、蜂蜜に漬け込み口寂しい時に、2,3粒口に入れたりしたりと、楽しんで食べております。

         クコ載せじゃやが

 これは新じゃがを細く切り。鶏油とサラダ油を合わせて炒め、塩胡椒を振っただけの物に、蜂蜜漬けのクコの実を散らした物です。
 ミスマッチかもと思いながら作って見ましたのですが、ジャガの塩味と合いとても美味しく感じましたね。
 夫も思いも掛けず気に入ったようで、良く食べて呉れました。クコの甘さが全体の味を優しくして呉れたのです。

entry_header

超簡単な一品と友人の転倒

 お膳に何か足りないと思った時。そして手元に目ぼしい物がない時、極簡単な物を一皿出します。
 胡瓜とキャベツを塩揉みし、水気を絞ってお皿に盛り付けます。盛り付けると言う程ご大層なことではありません。
 その盛り付けた上に干し帆立を細かくした物を振りかけます。そしてごま油を少し掛けます。
          ただそれだけです。

       胡瓜・キャベツ干し貝柱載せ

 この日は胡瓜とキャベツですが、蕪でも良いし、セロリーやもみ海苔などを混ぜても良いですよ。
 美味しくて時々作っています。
 
 干し貝柱は、娘とおおたかの森のタカシマヤフードメゾンに出かけた時に買って来ます。一瓶あると可成り使いでがあります。
 偶には焼売のひき肉に混ぜることもあります。

           干し貝柱粉

 我孫子のスーパーでは売られていません。通販では買えると思います。私はこれでスープは作りません。

 先ごろ友人が転び、右膝を痛めたのですが、ようやく痛みが少し和らいで来たので、金曜日にやむを得ない用事で出掛けたのだそうです。用が済み帰宅途中、地下鉄赤坂見附の改札を出たところで、また転倒。同じ右脚に物凄い痛みが走り、やっと立ち上がりエスカレーターで地上に出て、タクシーで家に戻られたのですが、治療中の病院に電話をしましたら、直ぐ診ましょうとなり、診て頂きましたら、骨には異常がなかったそうで、それは良かったのです。
 ところが右膝の手術が今月になっていたのが、この痛みのために延期になるかも知れないと言うことですね。
 彼女も86歳です。高齢になりますと筋力の低下が凄いのです。
 私も身体の向きを変えようとするとき、偶に何かチョッとよろけそうな動きを感じるのですね。
 
 昨日の朝は味噌汁のお椀をテーブルに置こうとした時、突然お椀が手から飛び出すように落ちて仕舞ったのです。
 慌てて流れた汁を拭こうとしましたら、今度は湯飲み茶わんを倒して仕舞い、テーブルの上はチョッと洪水状態ですよ。
 参りましたね。

entry_header

鮭チャーハンと雑談

 今日の昼は塩鮭の残っていたのをほぐして、チャーハンを作りました。
 鮭はアメリカ産の薄塩の紅鮭です。鮭は国産か、ロシア、アメリカのを買うことが多いですね。

        鮭チャーハン

 鶏油を使いますから、旨味調味料は使いません。
 鮭の塩が薄いので、塩少々と胡椒を振り、香りに醤油少々を仕上げに差します。美味しいので全部食べて仕舞いました。

 今日は一回も外に出掛けませんでした。珍しいことです。

 用が溜まってと言いますか、済ませなければならないことや、仕込まなければならないことがありましてね。
 
 昨日二女と買い物に行った取手のスーパーで買って来た品物の処理です。
 塩豚の仕込み、実山椒の処理、ヒシオの仕込みの準備、友人から頂いたそら豆のお礼の送り出し。
 それと中国語の資料の整理。24枚の資料を画像を除いて8枚に整理。これは根気が要りましたね。
 段々細かいことが出来なくなって来ております。
 一通り用を済ませたら6時半。もう買い物には間に合いません。
 夕食は昨日からの残り物。何も作らなくても何とかなるものです。

entry_header

炊き込みご飯と房州うちわのこと

 時々夕食に炊き込みご飯を作ります。
 前にも書きましたが、炊く時は普通のご飯がない時、出汁がある時、材料がある時、それと私の気分とが揃った時ですね。
 
    ホタテ炊き込み1  ホタテ炊き込み2

        これはホタテと筍、それに実山椒の炊き込みです。

    アサリ2  あさり3

       これはしおふきあさりと生姜を炊いたものです。
 
  あさりは過日行きました蔦屋の房の駅で買って来た、市原市の諏訪商店の物です。

 上のも下のもお米は600ccです。出汁と酒、調味料は材料によって決めます。
 
 炊き立てはとても美味しいのですが、余り食べられません。冷凍して置き時々食べたり、一人暮らしの友人に送ったりします。

 先日行った房の駅でも並んでいましたが、千葉県は館山の「房州うちわ」は有名です。
 富浦の枇杷倶楽部に寄った時、実際作って見せていました。もう随分寄っていませんので分かりませんが、今はどうでしょうね。
 
 6月3日の朝日朝刊で房州うちわの紹介が出ておりました。早速取り込んで置きました。

              6月3日朝日房州うちわ

 館山の知り合いの家でもうちわを作っておりました。子どもの頃からうちわの柄は丸い竹だと思っておりました。
 それが東京に出て来ましたら、平たい物もあるのですね。丸い柄に慣れていたせいか、平たい柄のは何故か使い難いのです。
 慣れっていうものはこう言うことですね。

entry_header

今日の一品と孫の卓球のこと

 茄子は今では四季何時でも手に入りますが、矢張り夏が良いですね。
 スーパーに行きますと、色つやの良い茄子が安くなっています。切らすことがない程買って来て食べています。
 好きな食べ方はチョッと油を使ったものですが、煮物も好きです。

         煮茄子

 茄子を切る時 縦に四つ切りにし、煮ました。これが食べ易いのです。箸でちゃんと挟むことが出来るのです。
 若い時と違い、箸の先端まで力が行きません。直ぐ落として仕舞うのです。
 落とすのもテーブルの上ですと良いのですが、どうかすると口元まで来たのに落ちて行って仕舞って慌てることも良くあります。
 ですからこの切り方ですと取りやすいですね。
 高齢になって気づくことが良くあります。それも日増しに多くなって来ております。ま~気づくだけでも良しとすべきでしょうか。
 歳を取りたくないと言っても自然に毎日老いて行っておりますから、当たり前だと思うのが良いでしょうね。

 孫は二人とも元気で、時々顔を見せに来て呉れます。上の孫は社会人ですから、それなりに忙しくしております。
 下の孫 これは忙しいことが上の孫とは全く違います。
 一昨年の夏のダブルダッチでの世界選手権で優勝したことは以前ブログに載せたことがありますが、それが今や卓球に夢中になっています。
 中学の課外活動には卓球を選んでいました。ダブルダッチが忙しく、部活には余り熱心ではなかったようです。
 それがどう言うことか中学2年生になると部活に熱心になり始めたのです。
 そして部活で一緒の方の通っている卓球場に一緒に行き指導を受けるようになりました。
 そして更にリオのオリンピックに触発されたらしく、夢中になり始めたのです。
 
 中学のチームの代表として市内大会に出場したりして、段々力を付けて来たようです。
 熱中し始めてからほぼ10か月後のこの5月 市内の市民友好だか、親善大会?で指導を受けているコーチの方のチームで出場。
 コーチの方とダブルスを組み、試合に臨んだのです。3人は大人です。並ぶと背が中学生なりですね。

         えりか卓球

 ダブルスと言うものは経験が余りなかったそうですが、今までの色々な経験がありますから心配はなかったことだろうと思います。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog