2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

デニーズでお喋り

 長くお付合いをしています元流経大教授の生田保夫先生と近くのデニーズでお会いし、色々とお喋りをして来ました。
 私が歩いて行けると言うことで、デニーズはとても良い所にあります。
 ファミレスは気楽で良いですね。ただ耳の悪い私 雑音が物凄い量で耳を刺激します。
 今日は隣の方が静かな中年のご婦人4人でしたので、余り困らずにお喋りが出来ました。

 話題は何時ものように、近況報告から始まり、最近の世相や、科学の発達、政治や経済の問題点等々。
 
 今日の話の中で人が長く生きていると言うことの価値。
 経験が齎す社会的な財産。
 これは私は今まで特に意識していなかったことで、とても励みになりました。

 食事は何時もの通り、先生は魚定食、私はクラブハウスサンド。飲み物は先生が運んで下さいます。
 食後のデザートは白玉小豆です。

     クラブハウスサンド  白玉小豆

 何時もスマホで写していましたが、今日はデジカメを持って行き、あれこれ動かし、写しました。
 自分で写してもこれがどう言うことかが思い出せません。困ったことです。

entry_header

長いお付き合い

 もう40年も会っています。主婦の友文化センターでチャイナドレスを一緒に習い、何回会っても楽しさで心が和みます。
 今日は気温も上がり、お天気も良く、出掛けるのも楽でした。
 
 柏で12時 それからほぼ4時間 良くお喋りをしました。
 友人の住む福島は天栄村の家の周囲は雪が積もっているそうです。
 車は走れるそうですが、未だ春らしいとは言えないようです。今日は車のタイヤのパンクと言うアクシデントがあったそうですが、無事に帰宅できたでしょうかね。

 以前は東海倶楽部で会うことが多かったのですが、このところ日曜が都合が良く、柏でお会いしています。
 今日の三人は一緒に台北に行きましたので、林さんの写真をお見せしました。
 食事はお鮨。食事の後は場所を変えてお茶。美味しいパフェを頂きました。

    鮨  デザート

 色々な話が出ました。学校教育のこと。人との付き合いのこと。
 戦後の様々な事実。夢を持つことの大切さ。今を感謝すべきだと言うこと。

 福島の天栄村は過疎が進み、様々な問題をお聞きすることが出来ました。
 過疎は止めようがなく、地場産業の創設があれば良いのではと、友人は夢を語りました。
 とても良いお話しで、拍手をしましたよ。

 都内からお見えになる友人は現在進行形でお孫ちゃんと付き合っております。
 同居をされている訳ではありませんが、三歳になる男の子の行動は聞いていても楽しく微笑ましく、またお疲れも一入と。
 共感出来ること多々ありでした。楽しい時間でした。

entry_header

林さん 来日

 台北に住む林偉烈さんが今日の昼 我孫子に来て下さいました。
 知り合ってから30年が経ちました。出張で東京に来ると、時間を作り会って下さいます。
 私が歩けるときは都内でお会いしておりましたが、この数年は柏や我孫子に来て下さいます。
 前回はそごうの回転レストランの桃園でした。それが無くなったと言うことは彼は知っておりました。
 そこで我孫子になりました。
 JR我孫子駅の南口の近くの鰻屋で昼食を摂りながら近況報告やら彼の会社で扱う商品のこと等。
 商品のことは今までにもお聞きしていたのですが、今日は更に詳しく科学的な説明をして頂きました。
 私に全く関係ない話と言ってもいい筈なんですが、その物を使った製品には関係があるのですね。
 それはカメラです。とても面白い話でした。
 彼は役員ですから定年はありません。ですが自分で定年を決めたらどうするかと、これは面白い話に繋がりましたね。

 彼の会社はベトナムに現地法人を置いています。で時々ベトナムに出掛けているのです。
 ベトナムの経済状況や取引の方法、人々の生活ぶりなど、日本の新聞などでは分からない話が一杯です。
 スマホに写してある画像を見せて下さり、内容も視覚によりますと理解し易いですね。
 感心しましたよ。

    鰻屋ですから鰻を食べました。チョッと載せて置きます。

    20170329_112013.jpg  20170329_113026.jpg

    20170329_114958.jpg  20170329_124448.jpg

 ビールの好きな林さんですが、鰻の所為かビールは2杯だけです。
 最も2時には我孫子を出なければと言う事情もありましたからですが。
 鰻のことから台湾の高雄の養殖の話や、台北の美味しい最近の店の話。
 また閑静だった彼の自宅の付近にカフェやレストランなどが出来て来たと言うこと。家主がオナーではないと言う話。
 台北の街には中国からのお客が多くなっていると言う話。
 次々話題は変わります。
 ベトナムの各地の特色の説明ではフランスの影響も今でも残っているとこれも画像を見せて下さりながらで、良く分かりました。
 ベトナムから周辺のタイやシンガポールの話。アユタヤの話も良かったですね。
 私も行ったことのある所ですから、話のテンポも早くなっています。
 短い時間でしたが良い時を過ごして来ました。

entry_header

日本チター協会会報から

 昨年9月15日にチター演奏者の内藤敏子先生が我孫子にお見えになり、私も演奏をお聞きし、会の後で久しぶりにお喋りをすることが出来ました。
 その後先生からお電話を頂き、チター協会の会報に「私がチターと出逢ったとき」と言うタイトルで原稿を頂けませんかと言うお話しでした。
 内藤敏子先生と初めてお会いしてから随分経ちました。断りするには何か申し訳なく拙文をお送りしました。
 昨年晩秋に会報を頂きました。会報は30頁の冊子ですが、その中に書かれていることの多さに驚かされました。
 
         チター内藤先生

 このお姿は霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館での演奏会での一枚です。
 健康には特別気を遣われているそうで少しも変わらないようにお見受けします。

 会報の紹介をさせて頂きます。表紙と2ページ目の二枚と我孫子での演奏会の一枚、それと私のものです。

      チター1  チター2

      チター3  チター我孫子2

 右の写真は我孫子にお見えになった時の一枚です。左の写真と同じものです。

 
             チター4

    このページに掲載されている写真は下のものです。

    日野原重明先生  内藤さん2006年7月16日

 会報の内容ですが、全部お見せしたいことばかりです。チターにまつわるお話は当然としましても、それ以外の音楽に係るエピソード。ヨーロッパで活躍された演奏者の紹介。また季節に寄せた短文等々。
 会報の筆者は皆さん謙虚です。そしてそれは内藤先生への尊敬の念を強く感じさせて下さいます。
 会報全体の流れにまたまた私は先生の生き様を感じております。自然に素直に、隅々まで行き届いた冊子です。

 (画像は大きく出来ます。どうぞクリックを二回してご覧になって下さい)

entry_header

ニューヨークからLINEで

 青島でお会いし、そして日本でお会いし、何かと連絡し合っているウェイウェイさん
 11日にニューヨークにお出かけになりました。
 先ほどLINEで写真を送って来て下さいました。
 今日のニューヨークのスーパーマーケットです。

          1489656979399.jpg

 便利だと言っております。ニューヨークは賑やかだとも言っております。

   1489656452548.jpg  1489656444273.jpg

 自由にパックに入れるんでしょうね。カラフルですね。
 
 世界は広くとも色々な形で寄り添っています。国も人々も仲良くと願っていますが、簡単ではありませんね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog