2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

朝食とマントウ

 朝食が大事だと思う私 面倒なようでも簡単なんです。
 煮物も味噌汁も出汁が基本です。出汁は昆布とカツオの削り節を使って作り、300ccづつに分けて置きます。
 300㏄づつに分けて置きますととても便利です。
 長年の経験で煮汁やなべ物の時の合わせ調味料は特別なことの無い限り目分量です。

    朝食3月22日  朝食3月23日

    左は3月22日の朝食です。  右は3月23日の朝食です

    朝食3月24日  朝食3月25日

    左は3月24日の朝食です。  右は3月25日の朝食です。

 数日前老師からマントウを頂きました。一個が大きく私は一食に半分ずつしか食べられません。

            マントウ

 日本人の食べるパンと比べ麺が確りと出来ております。
 マントウは肉まんの皮より硬く、 噛むのにやや力が要ります。
 マントウは饅頭と書きます。中国は北の方の主食と言って良いでしょうね。
 若い人はどうか知りませんが、高齢者の方はこれを食べているでしょう。
 昔青島の中国人の朝食は、マントウと熱い豆乳、それに簡単な副菜と言うのが普通でした。
 我が家では時々買って来て食べたものです。食って子どもの時経験した物は忘れませんね。
 食べながらよく昔を思い出します。私を可愛がって呉れたお手伝いの李村のコイランは生きていれば90歳位でしょう。
 コイランを老師は桂蘭と言う字ではないかと仰います。素敵ですね。

entry_header

煮魚と牛蒡は相性が良い

 私は刺身や塩焼きより好きな煮魚を良く食べます。
 先日の煮魚の煮汁を取って置きました。それに出汁を足して牛蒡を煮ました。

     牛蒡・人参・昆布魚の煮汁で

 新牛蒡と人参、それに出汁を取った昆布 和食に良く合います。

 煮魚を作る時ですが、平らな鍋を使い煮汁を良く煮たててから魚を入れます。

     煮魚煮る

 先ず強火で魚を入れたら上のように泡が魚全体を覆うまで待ちます。(見本)
 これは丸の魚ではなくあらなどを片手鍋で煮ているものです。
 暫く泡がたったら少し煮続けてから火を弱め灰汁取りシートを被せ煮続けます。
 煮汁は砂糖、醤油に水を入れ、そこに日本酒を注ぎ煮ます。

  丸の魚 例えばメバルや鯵、カレイなどを煮る時は平らな鍋に切った牛蒡を下に敷き、その上に魚を乗せます。
 そこに日本酒をたっぷり注ぎ煮立てます。その後砂糖、醤油を入れて煮ます。
 魚の裏面の皮が剥がれず綺麗に煮ることが出来ます。

entry_header

クコの実入りお粥と雑談

 kohさんがクコの実を入れたご飯を炊いていました。
 そこで今夜は同じkohさんが作っていたヒシオ(醤)を使いクコの実入りのお粥を作りました。

      クコ入りお粥

 材料は米を200㏄に出汁を1000cc クコの実を大匙山盛り一杯
 お粥が出来上って来たらクコの実を入れ、最後にヒシオを大匙一杯半を入れて味付け。

 これはとても複雑な味のお粥ですが、美味しいですよ。
 こう言うことになると直ぐ次は何にしようかなと思うのですね。
 少しでも変わったことや面白いことを見つけると嬉しくなります。

 ところが今日の夕方、マイナンバー用に使う写真を撮りに行きました。
 デジカメやスマホで撮ったのですが、大きさの指定にするのは無理だと分かり、先に写した長女に連れて行って貰いました。
 自動で出来るボックスに入って座るのですね。カメラに向かってマイナンバー用指定のものを選びあれこれしますね。
 一つ一つ娘が決めて呉れます。そしてOK でボタンを押すのです。
 娘は一々確認をして呉れます。一緒に行って貰い本当に助かりました。
 夫曰く「老人だと思い知ったよ」 勿論私もですよ。

 昨日は生徒さんが見えました。これまた夫曰く「よく教えられるね」です。

 昨日は仕上げのホック付けでしたので直ぐに終わり、時間が一杯ありまたコサージを作りました。

     3月のコサージ
 
 わざわざ買って来るものではなく、自宅の庭に咲く花や葉を使って貰います。
 私もぶっつけ本番ですから頭を使い勉強になります。
 今日のように老いを知るのも現実ですが、少しでも脳の活性出来れば良いなと思うのですね。

entry_header

興味津々

 先ごろネット上で目にしたAmazonで鮮魚が買えると言う話です。
 えっ!と思い直ぐに検索して見ました。
 魚好きには耳寄りな話しですからね。そしましたら本当にあるのです。
 日本の彼方此方の魚が買えるのです。もうこれを見たら心がウズウズしてなりません。
 何回も眺めては、数日経ちました。
 矢張り我慢が出来ず、セットを注文しました。決めたのは私の好きな魚が入っていそうなセットなんですね。
 20日の日に届きました。

           魚箱

 これは送料込みで3980円です。北辰に行きますから、比較してみて安いと思いました。
 送り状が入って来ましたので、何が入って来たかが分かります。

          魚送り状

 届けて来たサガワのお兄さん 「水の音が聞こえるから早く処理した方が良さそうですよ」と言って帰りました。
 そこで昼食後直ぐに魚に取り組みました。取り組みと言っても素人の私ですから時間が掛かりましたよ。

 鱗はとりあえず全部取り、腸も出して食べるために切り分けたりしました。
 ところが出刃の切れが悪いのです。電動砥石で出刃を研ぎましたが菜切りと違い駄目です。
 鯛類などは骨が固いですから、力ずくでも切れません。
 取りあえず切れる物だけを処理し、直ぐにアマゾンで砥石を頼みました。
 次の日 砥石が届きましたので、作業開始。何とか全部捌くことが出来ました。

 魚好きな長女に連絡し、スズキを二尾を三枚に下ろして持たせました。長女はムニエルにすると言っておりました。

 一日目の我が家 小魚と書いてあったブダイの子どもらしいのに、捌いた魚のアラと一緒に煮ました。
 それとコショウダイの刺身を作り食べました。

    煮魚あらも  刺身コショウダイ

 コショウダイは初めてです。身はねっとりしています。醤油に醤を少し入れてつけました。美味しかったですよ。

            魚色々

 全部捌いて仕舞うと大きさなど忘れて仕舞いそうで、途中で気が付き、写して置きました。一部分ですよ。

 昨夜はキチヌを酒蒸しにして食べました。小さなアイナメは幽庵焼きにして今朝食べました。
 大きなヒラメは自分の力では捌けませんので、カレイと一緒に煮て、それは全部冷凍にしました。煮魚好きな私。後日少しづつ出して食べましょう。
 大きなクロダイは三枚に下ろし、味噌漬けにしました。
 甲イカは軽く茹で、これも後日のために冷凍。

 興味津々で頼んだのですが、安いとは言え捌くことを考えますと、精々月に一回が限度でしょうね。
 長女には嬉しいでしょと言われました。確かに嬉しく気分は良いですよ。でも週一では無理です。

entry_header

私的明大昔話 30

 一世紀と言うのはとても長いように思えます。
 ですが既に85年も生きて来ています。
 夫と良く昔話をします。同世代ですから話すことは大体通じます。
 ま~通じないことと言えば、私はスポーツのこと。夫はチャイナドレスのこと。
 全く通じないと言うことではありませんが、「そうそう。それでね」とか「そうだよ。あれは良かったね」とか言う程ちゃんと通じる訳とは行きません。
 時々昔の映画のこと等で思い出したりすることがあります。ターザンの話は何回も出ますね。
 ターザン映画の舞台はアフリカです。その映画の中でターザンの飼っているサルのチーターですが、このチーターがティシュペーパーを使っているのですね。これが凄いと言うのです。
 象はインド象なんですよ。子どもの時はそんなこと分かりませんよね。
 ティーシュペーパーを知ったのは40年位前でしょうか。ターザンの映画ではチーターが次々取り出して使っているのですね。
 話の落ちは毎度「これだもの。勝てる訳ないよね」です。

 ターザンを演じるのはワイズミュラーです。有名な水泳の選手だったアメリカの俳優です。

 明大駿河台校舎の体育館の地下にプールがありました。
 3コースほどの狭いプールです。25mだったと思います。
 そのプールでは泳ぐ人を見たことがありませんでした。水泳が好きだった私。ある夏の日水着に着替えてプールに入って行きました。
 水はとても綺麗で澄んでいます。ところがその水の冷たさと言ったら身体を沈められません。
 後で管財の方にお聞きしましたら水は水道水で、時々入れ替えはしていると言うのです。

 このプールが出来た時、ワイズミュラーが泳いだと聞いておりました。
 ええ?こんな小さなプールで?とず~と思っていました。つい最近までね。
 それである時パソコンで調べて見ましたら、分かったのです。昔々ワイズミュラーが泳いだと言うプールがあったのです。
 ここなんですよ。そのプールに明大が関係していたのだと言うことなんです。
 それがワイズミュラーが来校したと誰かが言ったのでしょうね。それがそのまま間違って過ぎていたのでしょう。

          main1195.jpg

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog